時給3,000円のアルバイト!そう、それは残業!

この記事をシェアする

久しぶりに電話で呼びだされて休日出勤するというあんまりよろしくない出来事があったのですが。それでも一応ちゃんと給料が出る会社に勤められてはいるもので、繰り上げ返済の足しになるならまぁ良いか、などと思って頑張ってきたわけです。

スポンサーリンク
レスポンシブ

結局生活残業が一番の副業

以前にそんな記事を書いたりもしましたね。

結局生活残業が一番の副業ってことか
ネットの世界にはサラリーマンに副業を薦める情報で溢れている今日この頃ではございますが。結局生活残業が一番の副業なんでしょ、ということも否定出来ないと思います。もちろんサービス残業させられるようなブラック企業ではこの限りでは無いのですが。

3,4,5月に残業すると厚生年金の等級が上がってしまって多少苦しいというかコスパが悪い時期では有るのですが、赤字になるわけでも無いですしこの際割りきって時期を問わず無駄な残業して小銭稼いで行こうかな、と思わないことも無くなってきました。

最近は本当に仕事を辞めることを考えている時間が長く、「嗚呼、ホントに仕事嫌いだったんだな、私」なんてしみじみ思っている今日このごろです。

向いてないんですよね、サラリーマン。かと言って起業してみたり自由業を目指したりするバイタリティはありませんしそういう人種は正直嫌いですね。虫唾が全力疾走です。

というわけで淡々と小銭を稼いで早期リタイアを目指すことにいたしましょう。

休日出勤は時給3,000円位

土日の代わりに平日休むだけだとあんまり美味しく無いのですが、残業扱いで休日出勤すると今のところ時給3,000円くらいは貰えます。

世間の相場的にはかなり恵まれた条件であることは十分理解できますが、それでももうちょっと欲しいかな。

無駄に勤続年数を重ねると微々たるモンですが少しずつ時給も上がっていくのでまぁ気長にやってりゃそのうち稼ぎやすくもなるって感じでしょうか。

まぁそう文句も言えないんでしょうけどね。。。時給3,000円といえばちょっとしたキャバクラ嬢くらいは貰えてる感じですし。

辞めるためなら頑張れる

というわけで全ての仕事は仕事を辞めるために、という矛盾している気がしないでも無いモチベーションの元にこれからも渋々嫌々頑張っていきたいと思うわけでございます。

自分に実力があれば外資コンサルとかで必死こいて若いうちに一生分稼ぐ、みたいな働き方も出来なくは無かったのでしょうが、如何せん自分は何の取り柄も無い普通の人間なもので仕方がありません。

世知辛い世の中です。

おわりに

ま、普通の副業よりはコスパ良いですしね、残業。収入を冗長化するという意味で副業を進める識者も多い昨今ですが、それは「末永く働くために」働き口を増やしておけ、という意味ですからね。

先行逃げ切りで早期リタイアを目指すならコスパの良い残業で稼いだ方が早いし安全だし楽だと思います。そこは何を目的にしていくか、という考え方の違いですからね。

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする