inoreaderの無料版でも広告を消す方法

この記事をシェアする

RSSリーダーとして有名・・・なのかどうかは知りませんが、最近inoreaderというのを使っております。webベースのRSSリーダーなのですが、割と使い勝手が良くて気に入りつつある感じですね。webベースなので無料版だと広告が表示されるのですが、邪魔くさいので消してしまう方法をご紹介します。

スポンサーリンク
レスポンシブ

inoreaderとは

Feedlyなんかと同じようなwebベースのRSSリーダーです。私も最初Feedlyを使おうかと思ったのですが、全然使い方がわからなくてどうしようかと困っていたのですが、似たようなサービスで自分に在っているものを見つけたのでコレを使っています。

Inoreader is the content reader built especially for power users who want to save time. Using a content reader helps you keep up with your top information sourc...

基本PCで読むのでレイアウトなんかも自由度の高いのがポイントですかね~。スマホ版のアプリもありますが、そっちはイマイチだったかな。まぁ興味のある人はお試しください。Googleアカウントでログインできるのでお手軽です。

Chrome拡張「Stylish」を使って広告を消す

inoreaderは広告ブロック系のアドオンを入れていても広告の表示領域を消すことが出来ないタイプになっているようなので、カスタムCSSを当てて表示領域を消してしまいます。

Stylishはコチラ。

ユーザスタイルマネージャーのStylishで、ウェブをリスタイルしましょう。 Stylishでは複数サイトにテーマとスキンをインストールして、独自のものを作り出せます。

インストールしたらオプションからCSSを設定します。適用するCSSはこんな感じ。

適用先のURLはドメイン上のURLとして「www.inoreader.com」を指定しましょう。これでinoreaderを表示する際の広告領域を非表示に出来ます。

Firefoxのアドオンもあるみたいですよ。

ユーザースタイルのマネージャー Stylish で Web のスタイルを新しくする。

カスタムCSS便利ですね

基本は広告ブロックでがさっとブロックしてしまえばOKですが、どうしても領域だけ残ってしまうものは大体広告表示用のdivタグがあると思うので、そこのclassかidを指定してCSSを上書きしてしまえば消せちゃいますもんね。

狙いのdivタグはChromeデベロッパー・ツールを使えば割と簡単に特定出来ますしね。CSSのちょっとした知識があればそんなに難しくはないはず。

webベースのサービスなら割と何にでも使えますよね(๑´ڡ`๑)

おわりに

広告非表示にするのはどうなのよ?っていう議論もあるかと思いますが、受信したデータをどう表示させようがユーザの自由・・・かな?

こまけぇこたぁいいんだよ(゚Д゚)

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする