天皇誕生日だし天皇制のメリットについて考えてみようか

社会・政治

別に右でも左でも保守でもリベラルでもないつもりですが、一応日本人なのでそんなことに思いを馳せてもいいじゃないか、ということで。日常会話でこんなこと話してる人は大体頭がおかしい系の人がほとんど(というかそう思われる)ですが、まぁブログに書くくらい良いじゃないかと。

歴史とかあんまり興味がない

天皇制を語るのにその歴史を知らんとは何事か、という話になるのかもしれませんが、ほとんどの日本国民はそんな歴史には興味がないわけですよ。その辺をあんまり教えない左巻き教育が良くないんじゃ!とか言う話は他でやっていただくとして。

実態として日常生活に影響のある存在では基本的にはないわけですしね。遠巻きに、間接的にはなにがしかあるのかもしれませんが、普段意識するようなことはありません。特に若い世代や都市部での生活が長い人なんてのは周囲にそんな話をする人も居ないわけですし、まぁ興味の湧く話でもありませんよね。

国内的な権威はどんどん薄れている

天皇と言うのは権力は持たないが権威を持つ存在ということのようですが、権威と言うのはwikipediaさんによれば

権威(けんい、英語: Authority)とは、自発的に同意・服従を促すような能力や関係のこと。威嚇や武力によって強制的に同意・服従させる能力・関係である権力とは区別される。代名詞的に、特定の分野などに精通して専門的な知識を有する人などをこのように称することもある。

引用:wikipedia

ということだそうで。

ん~果たして今の天皇がそんな力を有しているだろうか。

災害があった時に被災地を訪問した陛下・殿下を見て元気付けられる映像を目にする機会もあるわけですが、感動しているお歴々はまぁじーさんばーさんですよね、基本。

若い世代が陛下・殿下に対して全く敬意を払わないなんてことは周りの空気もありますからないでしょうけれど、世代間の温度差は否めないでしょう。

高齢化社会がどんどん進むとは言え、歳を取ったら急に敬い始めるわけではないでしょうから、天皇にあまり興味のない世代がどんどん大勢を占めていくようになるわけですよね。

テレビの討論番組とかで生前退位の議論なんかを見ていると天皇の政治利用なんて話がよく出てきますけど、国内的には天皇の政治的利用価値なんてどんどんなくなっていくでしょ?と思うわけでありますよ。

対外的な権威こそ重要

逆に海外ではまだまだ権威のある存在らしいですよ、ロイヤルファミリーってやつは。長く家柄や血統を重んじる文化の中で生きてきたヨーロッパ的な思想の中では、圧倒的な歴史を誇る天皇家というのがさぞ立派に見える、的な感じなのでしょうか?

アジアやアフリカだとどうなんだろうか。まぁ細かい話はどうでもいいのですが、とにかく外外では歴史あるロイヤルファミリーというのが権威のある存在だというのが大事。その力でうまく行った外交なんてのも少なからずあるのでしょう。

天皇制を維持する最大のメリットはここだと思っています。対外的な権威があるかないかが全てではないかと。

女性天皇もしくはもっと枠を広げて女系天皇の是非がよく議論されていますが、最大のポイントは海外での権威が損なわれるのか否かということ。天皇制を維持することを目的に女性や女系を容認してもあんまり意味ないでしょう。税金突っ込んでるわけだし明確なメリットがないとさ。

メリットがないなら廃止すべき

天皇制には寺社仏閣と同じような文化財的な側面もなきにしもあらずだと思いますが、如何せん皇族の方々も人間でございまして。基本的人権が保証されない生物学的には完全に人間な方々が存在し続けるというのは些か抵抗のある話です。

個人的には国宝とか世界遺産とか全然興味ないんで別に保護しなくても良いんじゃないの?なんて思ってしまうタイプなので、やはりお金を掛けて守るならメリットがないと、と思ってしまうわけです。

ただ、メリットがあるならバッチリ維持して欲しい。存在し続けることで我々の生活に少しでも利する事があるなら、仕事も住む場所も選べない基本的人権を侵害された人が存在しても構いません。

人身御供が自分でないのなら構わない。

自分勝手な生き物ですからね、人間ってのは。

おわりに

詳しいことはよくわかりませんので偉くて賢い人が頑張って議論すればいいと思いますが、なんで誰もメリデメで語らないのかなって思うのが自然な感情じゃないかなぁ~と思う今日このごろ。不敬だと思っちゃうのかな。

しかし・・・コメント開けてたらこんな記事は書けんな(゚Д゚)

それではまた!