気軽に政治を語れない空気の正体はなんだろう

2015年11月24日

普段友人や家族との会話で政治を語ることって普通の人にはあんまりないんじゃないかなぁ~と想像するのですが、そもそも政治の話をするってなんか痛い人みたいな雰囲気感じませんか?私はちょいちょい感じるのですが。選挙権があるいい大人が自分の国の政治について語るのは別に自然な話だと思うのですが、その原因について考えてみます。

政治を語る人のイメージ

あくまで個人的なイメージですよ。個人的なイメージであることを断った上で普段政治の話をする人ってこんな人じゃないですか?

後援会とか入っちゃう人

コレはもうダイレクトに政治家に近づいちゃう人ですね。過去の記事(政治家から見える国民って特殊な人達だよね)にも書きましたが、政治家の近辺にいる人はちょっぴり普通じゃありません。

語るって観点から言うと後援会とかに入っちゃう人は「あの人はすげーいい人でさ!」とかよくわからんことを言い出しそうな気がします。ソレは政治じゃなくて政治家本人の話だよ。

うだつの上がらない酔っぱらい

酔っ払って時の総理大臣を呼び捨てにして的はずれなダメ出しを連発しつつめっちゃ嫌そうな顔してる部下に絡む万年係長。的なイメージの人です。明確に記憶にはありませんがなんかのドラマとかにも出てきそうな感じですね(笑)

有名人なら呼び捨てにしていいっていう日本人の感覚もちょっと良くわかりませんけど、政治を語る酔っぱらい、なぜだか鮮明に頭に描けます。

左翼にかぶれた学生

今をときめくSEALDsさんとか。「とりま廃案」「それな」じゃないんですよホントに。なんか触れると怖そうなので適当にしておきますが。

ネトウヨさん

言わずもがなですね。

ああ、変な人ばっかりだ

何なんですかねコレ。自国の政治を語るのが変な奴ばっかりって。逆に変な奴ばっかり政治を語るから一般人は話題にしづらいのでしょうか。

政治の話題を口にする人といえばもう一つハズせない人達はマスメディアの人達ですよね。テレビの視聴率や新聞の購読率は下がってきているとはいえ、多くの人の情報源はなんだかんだマスメディアになっているはずです。

ネトウヨさん達に毒されているわけでは無いものの、それなりに恣意的な報道ってのもあるんだろうなぁ~というのが率直な感想です。マスメディアもやっぱり変な人。

主義・主張は内に秘めるモノか

結局のところ支持政党とか支持する政策とかって自分にとって利のあるところ、モノになりますよね。逆にそれを声高に語ることは自分にとって都合のいい考え方をバンバン宣伝して広めようってことになりますから下品に映るのも致し方ない気もしてきました。

実際のところ例え夫婦、家族であっても選挙の時にどこに投票したとか言わないほうが良いのかもしれません。思い返せば私の両親もそうしていた気がします。

仮にシンプルに話のネタにする感じで政治的な主義・主張を曝け出し合ってぶつけたとしてもモメるだけであんまり良いことないのかもしれませんしね。朝まで生テレビの茶番っぷりとかを見るとそう思います(笑)

というわけでデリケートな話題はTPOと相手を見極めて適度にね、というお話でした。

それではまた!