真剣に労働を忌避し、仕事を憎むべきだった

仕事観

いままでの自分は真剣さが足りなかった。働きたくないという思いに偽りはないが、その強さが、必死さが、真剣さが足りなかった。甘かった、微温かった。少し位働く期間が長くなったからって大した話ではない、そう高を括っていた。

自分にとっての幸せとは何か

今一度心に刻まねばならない。

働かぬことこそ至高(゚Д゚)!!

なんやかんや仕事もやって行けてしまっているし、不満はたくさんあるけれど耐えられてしまっていることに気を抜いているんじゃないだろうかとふと思う。

みんな仕方なく働いている。文句を言いながらも真面目に仕事に取り組んでいる。滅したい上司が居るわけでもなし(いた事はあるけど)。大変だけど心が壊れそうなわけでもない。

そうじゃねぇだろう(゚Д゚)!!

改めて心に刻み込まねばならない。深く。深く。

我々は幸せを求めて生きなければならない。

憎悪の念

労働は忌むべき行いであり、仕事に対しては憎悪の念を抱くべきだ。慣れてしまってはいけない。馴染んでしまってはいけない。受け入れてしまってはいけない。

出来てしまうから、こなせてしまうから、お金がもらえるから、褒めてもらえるから。

甘ったれてる場合かっ(゚Д゚)!!

我々はもっと真剣に仕事を憎み、労働を忌み嫌うべきだったのだ。その憎悪の念こそが我々から労働を、仕事を遠ざけるのだ。

ニコニコ仕事を引き受けるなっ(゚Д゚)!!

身を削ることを厭うな

食費を削り。モノを売り。一心不乱に不労を目指せ。僅かの贅沢、僅かの浪費、それが不労を遠ざける。身を削り、欲を抑え込み、耐えることを厭うてはならない。

今は耐えるときだっ(゚Д゚)!!

耐えれば確実に目標は近づく。それが明らかならば耐えられる。確実に近づく勝利。その実感こそが我々の歩みを支えるのだ。

おわりに

なんの話やねん(゚Д゚)

って感じですが。まとめるとちゃんと節約して早期リタイア目指しますよ、ってネタなのですが。家計のスリム化もかなり進み、支出もだいぶ抑えられてきました。あとは食費もいい感じに減らしてダイエットもしつつ頑張っていこうかな、ってところでちょっと気分を上げる文章をね。

でもって最近テレビも見なくなったなぁ~と思ってついに売却しました。4年位前に結構なお値段で買ったような気もしますが、出張買取を頼んで3万円でした。まぁ・・・値段がつくだけマシって感じですかねぇ。これも大事な一歩として積み上げることにいたします。

4月から人事異動で辺鄙な勤務地に長い時間かけて通勤するようになったこともあって、キッチリ早期リタイアに向けて気合入れてかないかんな、ってところなのでね。

それではまた!