給料泥棒とは至高のサラリーマンに与えられる称号である

2016年4月10日仕事観

サラリーマンの最も大切な仕事は給料を貰うこと。このブログでも何度も書いています。即ち給料泥棒とは最高の生産性を叩き出すエリートに与えられる称号であると言わざるをえないですよね。私も肖りたい。

働くのは手段であって目的ではない

サラリーマン生活にどっぷりハマってしまうと、自然に身についてしまう考え方ってありますよね。簡単なところだとコスト意識を持とうとか、仕事が片付いたら次に何をすべきか自分で考えようとかその手の奴です。

だんだん肩書とかポジションが上がってくるとそれが個人の目線からチームの目線になり、やがて組織の目線、会社の目線になってきますし、そうしろと会社は言うようになってきます。

しかし落ち着いて考えて頂きたい。組織が業績をあげること。会社が売上、利益を上げること。そんなことはどうでもいい話で、我々サラリーマンが求めるところは自分のサラリーであります。

がむしゃらに成果を上げることが効率が良いかどうかはその会社の給与規定に依存すると思いますので一度よく読んでみることをおすすめしますが、殆どの日本企業では頑張って働いたところで大して給料は上がらないはず。

一生懸命働く必要なんて無いんです。

コストを下げると利益率が上がる。当たり前の話ですよね。即ちコストを掛けずに給料を貰う給料泥棒なるものは至高のサラリーマンであると。

意外と難しいんですよコレが

会社や組織に属して働くのがサラリーマンですから、一人で仕事をしているわけではない人がほとんどですよね。チームで仕事をしているとついつい真面目に仕事しちゃうんですよね。義理人情に厚いのが日本人。

会社はそこに付け込んでチームのパフォーマンスを上げるために仕事をシェアさせたりもっとシンプルに手伝わせたりするわけですよね。なんと悪質な。

毎日顔を合わせるメンバーと気まずくならないように如何に仕事の手と気を抜くか、そこがウデの見せ所です。職場の雰囲気とか環境によってはなかなか難しい面もあるのですが、色々と工夫してみると良いと思います。

見かけ上仕事をしているように見せるにはどうすればいいか、定時になったら爽やかに帰るためのキャラクターづくりなど、自分の職場にあった給料の盗み方を研究すると良いですよ。

ちなみに私の場合はシステムエンジニアと言う職業柄プログラムを書くとかドキュメントを書くと言った独りでやるデスクワークが主な仕事なので非常にやりやすいですね。さっさと作って後はネットサーフィンしていれば良いので。

矛盾する話かもしれませんが効率よく給料を盗むためには単純に仕事が速いということも一つ必要だということですね。仕事によっては早く片付けてしまうこと自体がマズいこともあると思うのでそこは臨機応変に対応しましょう。

仕事ができないこととイコールではない

一生懸命やってるけど思うように成果が出ない人に大して給料泥棒って言葉は不適切だと思います。

一生懸命やっちゃってるんだから全然盗めてない( ゚д゚)

会社側の目線に立つ人は売上、利益に繋がる成果を上げていないことに大してフラストレーションを感じるものですが、労働者からしてみればそんなものはどうでも良いので、自分が如何に心と身体を酷使したか、その対価としていくら貰えるかが全てです。

スキルのアンマッチなどが理由で一生懸命やっているけど思うように成果が出ない、なんて人は自分の労力をガンガン突っ込んでますから給料泥棒なんて至高の称号を与えるわけにはイカンですよ。

タバコおやじはズルい

それなりに歴史のある企業だと、給料泥棒を極めたタバコを吸ってるか新聞を読んでるかYahooニュースを見ているかというおっさんが多少なりともいると思います。・・・最近はもうそういうの許されなくなってきてはいるのかもしれませんが。

それでも更に上のボチボチ定年退職を迎えていっている世代にはそこそこの数居たはずです。彼らの世代は給料泥棒の称号を得るのが実に簡単だったハズ。今の現役世代である我々と違って、ホントに仕事ができなくても給料が盗めたんじゃないかと思います。

なんと卑怯な( ゚д゚)

それで偉そうにされたんじゃ溜まったものじゃございませんな。我々現役世代にもそーいうポジションをちゃんと用意していただきたい。

おわりに

おわらなーい仕事は無い~♪ま~た次の仕事が~始まる~だけ~♪なんてチョコレートのCMソングがありましたね。ホントにその通りで、仕事が終わると基本的には次の仕事がある。そこを如何に次の仕事に着手せずに空白の時間にするか。そこが大切です。

ソレができるサラリーマンこそ給料泥棒の称号にふさわしい。今の世の中給料泥棒でいつづけることはなかなか難しいのですが私も一つ頑張って行きたいと思います。

それではまた!