早期退職について本気出して考えてみた

この記事をシェアする

悠々自適というタイトルでサラリーマンがブログをやっているのに早期退職について語らないわけにもいかないでしょうということで今回はシリーズ第1回。折に触れて記事にしていきたいと思いますが、まずは現状について考えてみようと思います。

今は漠然と定年まで働くことはないだろうと思っている段階です。別に仕事が辛いわけじゃありませんが、独身だし稼ぐ必要がなくなればそりゃ辞めるよな、という話で。後はやめて良い条件はどんなものか、いつ辞めるかというだけの事。具体的な金額の計算は今回はしませんけどね。

スポンサーリンク
レスポンシブ

前提

とりあえずおひとりさまは貫く前提にしておきましょう。DINKSならまだわかりますが子供が居て早期リタイアなんて寝言は寝てから言えって感じですもんね。余程のお金持ちなら話は別ですが。

現状

現在の状況を改めて棚卸してみます。ちなみにわたくし当年取って32歳。

収入

残業の量とかで結構変動しますが、殆ど1年中暇していた今年で600万円前後になる見込み。余程のことがなければ一応毎年少しずつ昇給していく模様でございます。微々たるモンですけどね。

良い評価がたまーにもらえるとそれなりに昇給しますし、残業時間がかさむとそこそこのお金になります。ベース・ラインを600万円、手取りだと450万円位に置いて考えることにします。

ぶっちゃけ一人暮らしで年収600万円あれば都内でも余裕で暮らしていけるわけでして。仕事を頑張って増えた分の収入は全部ラッキー扱いできますもんね。

貯金

貯金は殆どありません。貯まるとすぐ住宅ローンの繰り上げ返済に当ててしまいます。現状では繰り上げ返済が最も効率の良い資産運用です(笑)

このブログを続けていってもし収入になったらブログ貯金することにします!

借金

5年前にマンションを買ったので住宅ローンが残り3,800万円位。借りられるだけ貸してください!とか言って35年ローンを組みました。これでも5年間で1,000万円位元本を減らしたんですけどね~。

ちなみに住宅金融支援機構のフラット35Sを使いました。借りた当時は金利が2.3%。当初10年が1.3%、次の10年が2.0%、残りの期間が2.3%です。まぁ某氏に言わせると「東京のうさぎ小屋」って奴に大金払って借金しているわけですが。このうさぎ小屋快適過ぎるもんで全く後悔はありませんけどね。

ここ2年位支出が多めだったので繰り上げ返済できていませんが、MVNOに切り替えて通信費を減らしたりと色々見なおしているところなので来年からはガンガン繰り上げて行きたいですね。

生活費

諸々コミコミ(住宅ローンは除く)で年間300万円くらい。ちょっと贅沢し過ぎなので200万円くらいで生きていきたいですな。別に難しい話では無いはず。頑張ります!

展望

まずは住宅ローンをいつ完済できるかですね。何も繰り上げなければ後27年で完済ですが丁度60歳とかになってしまいます。60歳まで働いてもその時代なら早期リタイアなのかもしれませんけどね(笑)

年1回1年分繰り上げたとすると13年で完済。丁度45歳ですね。退職金とか失業保険とかをうまく考慮しながら完済後5年位働きつつリタイア後の過ごし方とかを考えて50歳で退職するとかであれば悪くないプランにできそうです。

ただそれでは普通すぎるのでもうちょっと早く完済して余裕を持ったプランを練りたいですね。具体的にソレが見えてくるときっと面白くなってくると思います。

おわりに

まずは早期退職を目指して頑張ります!と言ったところで現状について書いてみました。早期退職は考えますが老後のことは歳食ってから考えれば良いんじゃない?というのが私のスタンス。歳を取るまで生きている保証なんでどこにも無いですからね(笑)

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする

おすすめトピック

おすすめトピック