強い言葉で怒られたら嫌われてると理解して良いと思う

2015年12月3日仕事観

育成のためと称して辛く当たる上司、あなたの職場にはいませんか?悔しさをバネに頑張って欲しいと思った?お前なら必ずやりきれると信じていた?全部戯れ言、理不尽を押し付ける言い訳に過ぎないと言わざるを得ないでしょう。

もし人を育てたいと思うなら

かの海軍大将、山本五十六氏もおっしゃっておられたでは有りませんか。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず

やってみせ、が来ると思いました?違うのもあるんですよ!・・・それはさておき。

何をどう間違った教育を受けるとただただ罵声と怒号を浴びせると人が育つと思うのかと。仮にダメ出しの内容が適切であったとしても、無駄に強い言い方をしたら内容なんて理解できませんし責任感の強い人であれば自分を攻めてしまって負のスパイラルに陥ってしまいます。

みなさんも自分が人を育てる、指導する立場になったらと考えてみてください。仮にどんなに出来の悪い人間が下についたからといって怒鳴ろうとか思いますか?普通思いませんよ。よっぽど挑発的な態度を取られたとかであれば話は別ですけど、指導される立場の人間は通常喧嘩売ってきませんからね。

正常な感覚を持っていれば五十六元帥の言葉通り、話を聞いて適切な仕事を割り振って任せた上で結果を冷静に分析して指摘をするものですよね。気合と根性で仕事ができるなら日本はもうアメリカを抜いて世界一の圧倒的な先進国になっているはずですよ。

じゃぁなぜ怒鳴るのか

簡単です。

嫌われてるんですよ、あなた。

こう言ってしまうと身も蓋も無いのですが、人間嫌いじゃない人間に怒鳴ったりしませんよ。生理的に受け付けないとかそ~言うのってあるじゃないですか。そうでなかったら怒鳴る人の頭がおかしい。精神的に不安定な状態にあるのかもしれません。

冒頭にも書いたとおり、「お前のためだ」とか言い出してもそれは詭弁ですよ。それを聞いて「ああ、私の努力が足りないんだ!もっと頑張らなきゃ」からの罵倒スパイラルなんて目も当てられません。

いずれにせよ、普通ではない状態であることに間違いは無いですし、適切な業務遂行が可能な人員配置ではないと理解するべきでしょう。可能であれば事実を記録しつつ然るべき部署に申し出て配置変更を求めてみるなどすると良いでしょう。

企業規模が小さく異動などが無いとなれば一度ぶっちゃけて話してみる(あなた私のこと嫌いでしょ?って)か転職してしまうか考えてもいいかもしれません。相手には嫌われていて、こっちは毎日理不尽に罵倒される日々が続く、なんて状態であれば早晩心が壊れます。やられる前に腹を括らないと危険ですよ。

人の心は結構簡単に壊れます

私自身にも自分を攻めて薬で心を支える状態になり、ギリギリのところで泣きついて配置転換をしてもらった経験があります。私でなくとも心や体を壊した、壊しかけたなんて人も何人か見てきました。

そもそも仕事というのはそこまでしてやるものでは全く無いですし、泣きついて助けてくれない会社に勤め続ける価値は有りません。たまたま生理的に合わない上司の下についてしまった、というだけで人生を棒に振る必要なんて有りませんよ。

自分の心と身体は自分で守りましょう!

おわりに

今の若い人はメンタルが弱い、などと嘆く自分を棚に上げた大したことないおじさまも多い世の中ですけれど、人の心の強さが時代によってそんなに変わるもんか?というのが正直なところ。

どんな世代でも辛いことは辛いですし、心の病の存在があまり認知されていなかった時代はただ無視されていただけの話なんじゃないでしょうか?それに大体人間ってのは自分の立場に都合のいいことしか言いませんからね。ちょっと偉くなって調子に乗って新入社員を馬鹿にしてみたくなったとかそういうのでしょう。

若者にかぎらず、理不尽に罵倒されるサラリーマンがこの世界から消えることを切に願います。

それではまた!