一生懸命仕事をするから腹が立つんですよ

2015年12月7日仕事観

仕事が思い通りに進まない、部下が思い通りに動いてくれない、上司が話を聞いてくれない。いろんな理由で仕事中にカリカリしてる人いますよね。もうそういうの止めましょう。一生懸命やっちゃうから腹が立つんです。

サラリーマンに自分の仕事など存在しない

良いですか。所詮雇われのサラリーマンに自分の仕事なるものは存在しないのですよ。じゃぁ誰の仕事か。当然です、会社の仕事です。その仕事が進まない、終わらなくて困るのは誰か。あなたでは有りません。会社です。

他人事のはずのその仕事に対して我がことの様に親身になって取り組もうとしてしまっているが故に思い通りにならないと腹が立つんですよ。腹が立つと人が離れていく、萎縮する、逃げ出す、なんてことになってますます仕事は捗らない。

あなたのそのイライラ、無駄です( ゚д゚)

あなたが抱えているその仕事はあなたのものでは無いのですから、もっとおおらかな気持ちで仕事を進めましょう。同僚と軽い雑談でもしながら片付けたほうが捗るんですよ、大体。

サラリーマンは気楽な稼業でなければならない

自分の仕事だったらそりゃ必死にやりますよ。だから経営者は遮二無二働くんです。自分の仕事ですからね。

しかしサラリーマンは違います。なんでわざわざ雇われているかと言えば気楽に仕事がしたいからですよ。サラリーマンは労働力を提供する働き方です。自分の蓄えた私財を投じて立ち上げた事業を運営しているわけでは有りません。

しくじって失うものはせいぜい時間と労力位のものです。その程度しか懸けていない。逆に言えばその程度しか懸けなくていい働き方なんですよ。

サラリーマンは最も標準的な働き方です。労働人口の殆どを占めると言っていいサラリーマンに過剰なBETを強いるなんてのはおかしな世の中ですからね。気楽に働いてそこそこ稼げるのが当たり前です。あるべき姿です。

その真面目さ、迷惑です

とは言え、サラリーマンなのに仕事一筋で命懸けちゃってます!みたいな困ったお人が日本には多いものまた事実。

マジで迷惑なので辞めましょう( ゚д゚)

一生懸命働く、自分を捨てて会社に尽くす、それが美学であり、うまく言っていた時代も有るのでしょう。ですが今となっては仕事最優先、うまく行かなければ怒鳴り散らす、年休?何言ってんだお前、みたいなお方は世の中のお荷物であることを自覚しましょう。

人に迷惑を掛けちゃいけないって小学校で習ったでしょう( ゚д゚)?

おわりに

というわけで目の前の仕事に一生懸命になりすぎるから腹が立つ、腹が立つから周りに当たり散らす、やがてパフォーマンスが落ちていく、という負のスパイラルは止めましょうというお話でした。

自分にも身に覚えが無いわけではないのでちゃんと自分を戒めて行こうと思います。みなさまもお気をつけ下さい。

それではまた!