MVNO(格安SIM)に変えたら毎月5,400円もお得になった件

2015年11月12日

格安SIMに移行したいけど選び方がわからない!なんていう方も多いのではないでしょうか?かくいう私もようやく今月MVNOにMNPしたところです。ネット上に色々情報は散在しているものの、何を気にして端末やSIMを選べばいいのか?といった流れというか段取り的な情報はまとまっていなかったように思いますので、自分のための備忘録の意味も含めてまとめておこうと思います。

首相が携帯電話料金の値下げを要請するなんてことも起こる昨今ですからね。サービスの対価として高すぎるかどうかはさておいて、家計を圧迫する要因であることに間違いはありませんので、知識として抑えておいても損はないと思います。何よりかなりお得でした!

端末・SIMには相性がある

ネットで色々検索していてイマイチ理解がスムーズ出なかったのが、端末と回線にそれぞれ相性があるということ。端末自体の情報、回線自体の情報は様々なサイトに存在するのですが、まとめるとどうやって組み合わせを考えればいいのか?がイマイチよくわかりませんでした。気になるポイントをまとめてみます。

SIMフリー端末か白ロムか

使用中の端末をそのまま使いたい場合は悩むことはありませんが、新しく端末を調達する際はSIMフリーの端末にするか白ロムにするかを選ぶ事になります。

SIMフリー端末はどのキャリアのSIMでも使用できるSIMロックされていない端末のことです。日本国内でSIMフリー端末として販売されている機種はまだまだ少ないのが現実。最新機種を使いたい場合は海外から個人輸入するのが一般的です。

白ロムは日本国内でキャリアが販売している端末の中古品または新古品のことです。SIMロックが解除されていなければ販売元のキャリアを使用しているSIMしか使用できません。新品を購入したい場合はキャリアから買うしかありません

SIMフリーの端末を使用する場合は、対応周波数(BAND)に注意が必要です。端末が対応している周波数が使おうとしているSIMの周波数と合っていないと繋がりにくいといったことが起きてしまいます。各周波数をdocomo,au.softbankのいずれのキャリアが使用しているかは色んなサイトに情報がありますので調べてみてください。

白ロムを使う場合は元々のキャリアのSIMに最適化されていますので、端末の販売元のキャリアの回線を使用しているMVNOを選択するのが間違いありません。SIMロックが解除されていれば他のキャリア系のSIMを使用することもできますが、あまりメリットはないと思います。

SIMフリー端末と白ロムで最も違う点はおサイフケータイ(Felica)が利用できるかどうかという点。まず海外版の端末はおサイフケータイを使用できませんし、国内で販売されているSIMフリー端末でもキャリアから販売されていないものはモバイルSuicaが使用できないといったことがあります。

若干話は違いますが、海外版の端末の場合はキャリア関係のプリインストールアプリが無く、初期状態がスッキリしているというのも魅力の一つですね。

MVNOの違い

MVNOはキャリアの回線を借用してサービスを提供しています。ですので、どのMVNOを使うにしても、いずれかのキャリアの回線を使用することになりますので、どの周波数の電波を使うか?というのが自ずと決まってきます。それが端末との相性に繋がるわけですね。

ただ現状でほとんどのMVNOがdocomoの回線を使用しています。au系のMVNOでは「UQ mobile」と「mineo」のみ、softbank系のMVNOは今のところありません。SIMを軸に選ぶ場合はまずどのキャリアの回線を使うか、その上で各MVNOのサービスプランを比較して選択することになります。

MVNO選択の流れ

使いたい端末を軸にMVNOを選ぶか、MVNOを軸に端末を選ぶかどちらかをしないと都合が悪くなってしまいます。

端末を軸に選ぶ場合は

  1. 使いたい端末を選択し、対応周波数(BAND)を調べる
  2. 対応している周波数のキャリアの回線を使用しているMVNOをリストアップ
  3. サービス内容からMVNOを決定

MVNOを軸に選ぶ場合は

  1. サービス内容からMVNOを決定
  2. MVNOが使用しているキャリアの回線を調べる
  3. 使用されている周波数に対応している端末を決定

という流れになります。

私の場合

理想のプランはこんな感じでした。

  • 電子マネー(EdyやモバイルSuica)を使いたい
  • 端末は新品で最新機種を購入したい
  • MVNOへ移行して通信費を抑えたい

残念ながら全てを叶えるプランは存在しないという結論に至りましたので、泣く泣く電子マネーを諦めることにしました。

端末はXperia Z5の海外版をExpansysから購入し、MVNOはdocomo系のIIJmioを選択しました。自宅ではwifi接続ですので普段は仕事の昼休み中位しか通信しませんので音声通話付きでデータ量3GBのミニマムスタートプラン。電子マネーはEdyを諦め、新しくビュー・スイカカードを作ってオートチャージ設定をして使用しています。

モバイルSuicaの便利さは今でも名残惜しいですが、通信・通話の方は特に調子が悪いこともなく快適に使えています。

おわりに

元々auユーザで毎月7,000円前後を払っていましたが、余計なオプションを付けなければ毎月1,600円に通信費を抑えることができます。普段から通話を多めにする人は逆に高くつくこともあるMVNOですが、通話少なめの方であればなんだかんだおすすめだと思います。

5,400円もお得なのはデカい!

浮いたお金でちょっと贅沢してみるのも良いかもしれません。

それではまた!