子供向けにこそMVNO(格安SIM)のデータ通信専用SIMがオススメ

2015年12月12日

私自身も最近MVNOに乗り換えたばかりですが、そういえばデータ通信専用SIMってのもあったなぁとふと思い出しました。通常はタブレットとかに挿すものですが、子供向けのスマートフォンに挿してあげるのもいいんじゃないか?とふと思いましたので書いてみます。

子供どころか結婚もしてませんけど私(゚Д゚)

今時の子はみんなスマホ持ってるんでしょ?

私自身が初めてその手のものを持ったのは高校1年生の時だったでしょうか。昔懐かしいPHSでしたね。今は亡き伝説のアステル(笑)

ご家庭の教育方針で持たせる持たせないというのはあるのでしょうけれど、割りとスタンダートに普及しているものを持たせないというのは虐待に近しいというのが個人的な意見です。30すぎのおっさんですが自分の少年時代を振り返るにファミコンがないとかスーパーファミコンがないとかを想像するとちょっと考えられない。

子供が「みんな持ってる」と言うと周りの2,3人だったりすることが多いですが、スマートフォンに関してはホントにみんな持ってるでしょ。みんな持ってるものを持ってないなんてアレです。

みんな貧乏が悪いんやぁ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

てな感じの漫画に出てくる昭和の貧困家庭みたいなモンですよ。貧乏でいじめられた経験を糧に反骨精神を磨いて将来起業して成功、なんて時代じゃありません。いじめられたらそのまま転落人生ですよ。

今時の子供の世界は甘くない。・・・いや、体験したわけじゃないですけど。

というわけでみんな持っているものは持たせてあげたほうがいいでしょうという話。今の時代だと小学校高学年くらいから持ち始めるのでしょうか?普及状況を見つつタイミングを判断してあげると良いんじゃないですかね。

嫌な顔をしないでニーズを把握しよう

子供がスマホほしーなんて言ってきたらそりゃまぁちょっと面倒なのでしょう。今時の子がスマホを欲しがるなんてせいぜいLINEとかその辺のSNS位のモンですよね?おそらく通話が必要になるのはバイトを始める高校生以上でしょう。バイトしないで良いようなお金持ちのお子様は逆にデータ通信だけでいいかもしれませんが(笑)

普通にキャリアを契約して月5,000円、6,000円、7,000円とかかかるという頭で考えるとかなりキツいですが、データ通信専用SIMであればかなり安く済みます。私も利用しているIIJmioの通信量3Gのプランなら月900円ですからね。

データ通信専用SIMならこんないいことがある

月900円のデータ通信専用SIMはいかほどのものか。

料金定額で安い

通話SIMでなければ長電話されて巨額の請求が来てしまうようなことはありません。あくまでデータ通信のみですからね。通信量を使いきってしまっても通信速度が制限されるだけで通信できなくなるわけではありません。LINEのやり取りくらいであれば特に違和感なく使えます。

LINE年齢認証が通らない

年齢認証が通らないので、ID検索で友達を追加することができません。実際に会ってふるふるで登録するか、既に友達になっている人から会話に招待された人を追加するしかありません。なので知らない人と友だちになる可能性は若干低め。

Twitterなどの他のSNSを通してしまえばよからぬ輩との接触を断てるわけではないので危険性がないわけではないですが、危ないからといって全く触らせないというのはちょっとどうかなぁというのが私の感覚です。どうせ使いこなせなければいけないものならばリテラシーを高めるために触れておいたほうが良いと思いますけどね。

通信速度に不安はなし

私も乗り換えるときに若干不安には感じましたが、使っていて特に不安定とか遅いなんてことはありませんでしたね。利用者が増えると速度が遅くなる傾向があるのがMVNOの特徴の一つですが、少なくともIIJmioに関しては特に問題は内容に感じました。

今のところ。

この辺がポイント

変な人に関わらないように教育しよう、と言ったネットリテラシー的な話は体で覚えるしかないのでさておいて、データ通信専用SIMを使いこなすにあたってポイントになる点を上げてみます。

家ではwifiが基本

実はあんまり普及していないんじゃないかと思いますが、家にインターネット回線を引いて無線LANルータを設置すればSIM経由の通信を使わなくて済みます。これはキャリアのSIMを使っていようが子供だろうが大人だろうが同じことで、ある程度スマートフォン、タブレットを使いこなす人がストレス無く通信しつつ料金を抑えたいのであれば導入必須なのですがあんまり普及していないスタイルなんじゃないでしょうか。

これを期に一度導入を検討してみることをおすすめします。特に家にいる時間は子供の方が長いと思うので入れておけばデータ通信量の少なさにダダをこねられることもなくなるでしょう。子供部屋までwifiが届かないなら無線LANルータの子機くらい安いので設置してあげてください。

データ通信量の使い方は考えさせよう

家ではwifiで制限無く通信できますが、外で通信をするとどんどん通信できるデータ量を消費していきます。おっさん世代としてはネットニュースとかを見ているとどんどん消費していきますが、子供向けなんて3Gで十分すぎるデータ量でしょう。

サイズの大きい写真のやり取りとかは家にいる時にwifiを通してやろうとか、今月の残りが少なめだから余計な事するのやめとこうとか色々仕組みがわかってくると工夫できると思います。今の時代そ~言うの大事なんじゃないの?なんて思ったりもします。

端末は安いもので十分

最新機種は必要ないので、1万円代でも型落ちした機種や中古品などが買えると思います。デザインの好みなんかはあるかもしれませんが、スーパーファミコンの本体くらいの値段でそれなりのものが買えると思います。

誕生日やクリスマスに是非一台(笑)

おわりに

子供がいるわけでもましてや結婚しているわけでもないのですが、今時のお子様世代ならある程度の年齢でデジタルなデバイスを使いこなして行かないといけないんじゃないの?なんてふと思ったので記事にしてみました。

それではまた!