ヨドバシカメラでスマホケースを買ったら値札の貼り間違えで安くなった話

2015年12月13日

先日ヨドバシカメラでスマホケースを買ったんですよ。本当は2,780円だったのですが2,100円の値札が貼ってあり、レジで「え、2,100円じゃないの?」と反射的に言ってしまったのですが。よくあることらしく店員さんが奥のほうでちょっとした手続きをして安くしてくれました。

値引きは嬉しかったけどちょっと罪悪感が残る(゚Д゚)

ゴネる客が多いんでしょうね

値引きしてもらっておいて何なんですが、個人的にはホントは2,780円ならその値段で売れば良いと思いますし、そう言ってくれればその値段で買ったんだけどなぁ~なんて思います。

法律的にはどうなのかは知りませんが、お店と客の間で合意した金額で売買契約をするのはまぁ普通の考え方なんじゃないの?と思いますので、値段表記が誤りならその場で訂正すりゃ良いんじゃないの?という気が。

ぼったくりバーみたいに5,000円ポッキリ!と言って客引きしておいて実は10万円請求されました、なんていうのとは話が違うと思いますしね。

ヨドバシの店員さんは即座に2,100円で販売します~なんて言ってそーいうのを取り扱う部署みたいなところに電話してなんかの伝票を書いてましたから、想定した事態であることは言うまでもなく。

きっと散々ゴネる客の相手を積み重ねた結果もうお店としては値札の貼り間違いに関してはその値段で売ってしまう、という方針にしたんでしょうね。ちょっと複雑な気分です。

客をつけあがらせるとろくな事になりませんからね(゚Д゚)

お店の立場に立てばなんで安く売らにゃイカンのじゃい!ってなりますからね。

店員さんの立場としては良い仕組みだと思う

自分ではない誰かの値札の貼り間違えのせいでゴネるクソ客の相手をさせられなければならない店員さんの立場にしてみれば、間違っていても値札の通りの値段で売ることができるという対応オプションが用意されているというのは心強いと思います。

いつだって店と客の板挟みになってストレスと抱えるのは雇われの店員さんですから、間違った値札を盾にゴネてくる頭のおかしい客の相手が少しでも楽になるなら願ってもない話でしょう。

接客業は本当に大変デスからねぇ。世の中なんでこんなに頭のおかしい奴がいるんだ・・・なんて思うこともしばしばあるのでしょう。そういった仕事を頑張ってくれる人のおかげで便利に買い物ができると思うと感謝せねばなりませんな。

私にはもう真似できない仕事なんで(゚Д゚)

学生時代にはバイトでちょこっとやってましたけどこの歳になるともう無理です。定年後のおじさんが昼間のコンビニで働いてたりするのも見かけたりしましたがよくやるなぁ~って思いましたね。コンビニのバイトってめっちゃ難易度高いのに。

いつだって悪いのはお客様

この国の消費者の増長ぶりはちょっと目に余りますよね。まぁ一部の頭のおかしい人だけだというのはわかりますが、その一部の人はちょっと度が過ぎている。

そんな端金払った程度でなぜそこまでつけ上がれる(゚Д゚)

って感じです。低料金のサービスは低料金なりの品質なんです。働いたことのないお子様ならいざしらず、いい年した大人がイタいクレーマー化しているのを見ると心が痛みますよね。ゴネ得なんて言葉もあるくらいですが、そーいうのが蔓延する世の中はちょっと嫌だなぁ。

良いサービスが受けたいならお高いお店に行けばいい。

そういうことです。

おわりに

安くしてくれた店員さんには感謝です。名前も覚えてはおりませんが・・・(マテ

というわけでイタいお客様にならないように自分も気をつけていきたいですね。

それではまた!