ホワイト企業を諦めるな!

2016年4月10日仕事観

残業が少ない、給料もそこそこ出て昇給もそれなりにする、福利厚生が充実している、ノルマに追われることもない、上司に罵倒されることもない。本来企業のあるべき姿でもあるホワイト企業。今回はサラリーマンの特権とも言えるそのホワイト企業について考えてみます。

ホワイト企業は最強の選択肢

楽な生き方、稼ぎ方はサラリーマンでなくともたくさんあります。不動産を所有して賃貸に出してみたり、ある程度固定アクセスが望めるブログやサイトを構築して広告収入を得てみたり、投資をして運用益を得てみたり。色々あります。

しかしそれらはどれもある程度の資産を保有しているか、または時間とお金をかけて初期投資をして軌道に載せる段階を踏む必要があります。リスクもあれば稼げないこともある。残念ながら誰しもが真似できることではありません。

その点ホワイト企業に就職するということは誰にでもそのチャンスが与えられている。資産のない普通の人が快適な労働環境を手に入れるためのただ一つの方法であります。

是非とも手に入れて欲しいその切符!

リスクを取らずに実現できる最強の選択肢なんですよホワイト企業への就職は。不労所得を得ようとか独立・企業しようとか考えるとどうしてもそれなりにリスクを伴うか、もしくはリターンが著しく低い。

普通の人はホワイト企業への就職を目指すべきなんです。それが正解なんです。

リスクを取ってチャレンジするのは特別な人だけがすればいい。

誰も責任とってくれませんからね。

今の日本ではその数が少ないのもまた事実

ホワイト企業どころか労働基準法もろくに守らないブラック企業が蔓延しているという悲しい現実があるわけですが、はっきり言ってどの企業がホワイト企業かどうかなんて外からではわからない。ネットに漏れ聞こえる断片的な情報から判断するしか無く、その判別の精度は決して高いものではないでしょう。

また、労働を修行か何かと勘違いした日本人が多いのもまた事実。アホみたいに働いているのに「これくらい普通、普通」なんて頭のおかしい人もいたりするわけです。そういう人から誤った情報が伝わることもあるでしょう。

なんだかんだ公務員が正解かもしれない、元公営の企業が良いのかもしれない、安定しているインフラ系が良いのかもしれない。正直その程度のゆるい見極めしかできません。運良くホワイト企業の中の人が知人にいてダイレクトに情報を貰えるなどでなければなかなか見つけられない。

困ったもんだ(゚Д゚)

ホワイトは作れる!

会社まるごとホワイトと言うのは難しいかもしれません。でも法律違反上等のブラック企業でなければ自分の周りだけ、いや自分だけはホワイトな環境を作ることも不可能ではありません。幾つかの条件を満たせば可能です。

カワイイが作れるんだからホワイトだって作れます(゚Д゚)

仕事にある程度の裁量が与えられていること

ルーチンワークをやるような職業でなければ、ある程度担当者に仕事を進める裁量があるはずです。大まかなスケジュールやタスクが決められていて、その期限を守ればやり方は各自の自由といった感じ。

やるべきことをやりさえすれば良いわけですから、自分の力量をきちんと見極めることで無理のない計画を立てれば良いんです。

当たり前のことですけどね。

出世しないこと

一般的に出世すると仕事の難易度は上がります。責任も重くなります。すなわち実力を隠して出世しないことで、仕事の難易度と責任の重さを一定に保つ事ができます。

また、自分のスキルが上がれば上がるほど生産性は上がり、どんどん余裕が出てきます。しかしこの国の労働環境では早く仕事を片付けてしまうと次の仕事を振られるという特殊な性質があるので、不用意にスピードを上げてはいけません。

仕事をする振りをしてください。

本来自分に割り振られた仕事が片付けば帰って良いはずですが、正しい分担の在り方を分担される方が考えなきゃいけないなんて変な話ですね。仕事を割り振りが下手くそな無能な上司を助けると思って気を使って上げましょうということですね。

仕事ができること

前述の2点を使って、自分の裁量の中で自分にとっては簡単になった仕事をこなすことでホワイトな労働環境を作るんです。残念ながら仕事ができない人は実現するのは難しい。ただ誰にでもチャンスはあると思っています。

自分の適正を見極めながら、転属願いや転職なんかも駆使しながら落ち着けるところを目指して欲しいものです。

諦めないで欲しい!

おわりに

はっきり言ってホワイト企業に入れるのも、ホワイトな労働環境を作れるのも、ごく一部の恵まれた人だけなのかもしれない。しかしそこを目指すことに何らリスクはないし、悪いことなんて一つもないですからね。

ちなみにかくいう私も最近はだいぶホワイトな環境で暮らしています。ブラックではないにしろ部署によっては心や体を壊すわけではない企業に努めではいるものの、サラリーマンは所詮社内や組織内での相対評価ですからね。

今の階級・肩書に求められるレベルのパフォーマンスが楽に出せるところまでスキルを上げてしまえば後は極めた仕事してる振りスキルを使えばいいだけの話です。そこに至るのに苦労はしましたが、軌道に載せてしまえば後は簡単です。

これがプロフェッショナルサラリーマンの一つの形です!

それではまた!


PAGE TOP