貧困ビジネスに情弱サービス・・・恐ろしい世の中です

この記事をシェアする

「Twitterでつぶやけるように設定!5,000円!」なんてのが話題になりましたね。俗にいう情報弱者に対して簡単なサービスを提供して高額のサービス料を巻き上げるビジネスですね。少し前にはもっとひどい貧困ビジネスなるものも話題になりました。恐ろしい世の中ですよ、ホント。

スポンサーリンク
レスポンシブ

貧困ビジネスってなんだったっけ?

貧困層をターゲットにしていて、かつ貧困からの脱却に資することなく、貧困を固定化するビジネス
引用元:wikipedia

だそうですよ。激安の住居を提供する代わりに生活保護費を強制的に巻き上げてみたり、それこそヤミ金みたいな違法行為も含んだ貧困層を更に貧困に固定し、半ば暴力的に搾取を続ける行為なわけですね。

よく就職関連の新卒一括採用を指して一度レールを外れるとなかなか戻れない、なんてことが語られることもありますが、この手の話はもっと酷く、一度ハマってしまうと完全に上がってこれない感じですよね。

こえーよ((((;゚Д゚))))

でもって情弱サービスって?

最近話題になったのは、家電量販店でのスマートフォン購入時に、アプリのインストールや設定などの簡単な操作を代行する対価として高額な料金を設定するというもの。

  • 新聞購読アプリインストール:1,000円
  • 乗り換え案内アプリインストール:1,000円
  • テザリング設定:3,000円
  • Twitterでつぶやけるようにする設定:5,000円

などなど。なんですかそのふざけた値段設定は・・・。百歩譲って0が1個多い・・・いやいやむしろ金を取るなと。

ひどいぼったくりです(゚Д゚)

知らないとは恐ろしいことで

そもそも携帯電話・スマートフォンの料金プラン自体もかなり難解で分かる人にしかわからない仕様になってますよね。しかも無駄に割高なプランを選択してしまって余計にお金を払っている人も多い。MVNOに移行すれば安くなるものを「よくわからない」という理由で二の足を踏んでしまう。

貧困ビジネスにハマってしまった人も口八丁の上手い悪人に騙されてハマッてしまったのでしょう。好き好んで深いところに沈んでいく人なんて居ませんからねぇ。

いずれにせよお世辞にも頭がいいとは言えない人がドツボにハマり、ある人は余計に金を払い、ある人は搾取地獄に落ちていく、というわけですね。

こ、こえーよ((((;゚Д゚))))

騙される人が悪いのか

違法行為の場合は別にして、サービス料金が高くても売り手と買い手の双方が合意した上で契約してしまえば有効なものですからね。良いも悪いもない話です。騙されている人なんて居ないんです。

でもそーいうもんですかね?っていう話。はっきり言って自衛するしか策はないのですが、世の中ってそんなもん?っていうのはどうしても引っかかります。何かを取り締まるべきだ!とかそーいう主張は一切無いのですが、腹に落ちないな、というだけのお話です。

頭が悪いこと、無知なことは罪なのだろうか、と。

おわりに

世の中知らないこといっぱいです。知らないと騙されます。搾取されます。サービス残業だって似たようなもんですよ?

いやしかし騙しに来る方、搾取しに来る方は頭いいんですよね~。その才能をなぜ他のことに使わない、というくらい。

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする