住宅ローン完済への道!

この記事をシェアする

真面目に早期リタイアを考える・・・のは良いのですが私には住宅ローンという大きな壁が!まずはコイツをやっつけないことには話が前に進みません。ローンを抱えている限りは繰り上げ返済が最強の資産運用ですからね!お前のローンに興味なんかねぇよ!って話かも知れませんがまぁお付き合いください。

スポンサーリンク
レスポンシブ

まずは現状把握

まずは現状を整理してみよう!

借り入れ時の初期値

まずはローンを借りた時の情報から。マンションを購入したのは5年ちょっと前です。当時は27歳でしたね。思い切ったことをしたものです。迷いも後悔もありませんが。

借入日 2010年8月
借入金額 48,300,000円
返済期間 35年
返済方法 元利均等返済
金利 フラット35Sによる3段階金利

  • 当初10年:1.23%
  • 次の10年:1.93%
  • それ以降:2.23%
 完済予定日  2045年7月

フラット35にしている辺りがちょっとビビってる感出てますね。今思えば銀行から普通に借りても良かったかも知れない。まぁそれはもう済んだ話。振り返っている場合ではありません。

毎月の返済額は

  • 当初10年:94,681円
  • 次の10年:102,766円
  • それ以降:104,991円

ボーナス払いも使っていますのでボーナス時の返済額は同じく

  • 当初10年:281,982円
  • 次の10年:306,247円
  • それ以降:313,118円

結構がっつり行ってますね。良くやって行けているものです。

つーか今の金利の低さ何なんだよ(゚Д゚)

しかしそれはもう悔いても仕方の無いこと。金利なんて水物ですからね。

2015年12月の現状

借りたのは5年前ですが今の現状は果たしてどうなっているか。ちなみに今は32歳です。

借入残高 38,674,471円
予定利息 9,666,533円
返済金額 48,341,004円
完済予定日 2042年7月

5年間で3回の繰り上げ返済(期間短縮)を経て9,625,529円の借入残高を減らし、3年分返済期間を短縮しましたってところでしょうか。しかし残り27年のローン。

完全にたるんでいます。このザマではどうしようもない。

もっと志が高ければもう少し繰り上げることが出来たはず。細かいお金を気にしたり生活レベルを下げてまで繰り上げる必要なんてないな、という甘えた発想がイケなかった。大いに反省しています。

必達目標と努力目標

未来に何が起こるなんて予測はつきませんがとにかく目標が無いと節約もしなくなるしどんどん先延ばしにしてしまう。というわけで必達目標と努力目標を設定しておきたいと思います。

必達目標

毎年1年分の繰り上げ返済。

まずはコレが目標ですね。コレが最低限のノルマ。コンスタントに毎年1年ずつ繰り上げていけば完済は2029年7月。46歳になる頃でしょうか。

50歳までにそこそこ貯金をためて退職金を含めればセミリタイアなら可能というところでしょうか。もちろん厳密なシミュレーションはやっていかないといけませんけど。

努力目標

毎年1.5年分の繰り上げ返済。

今の収入からするとコレは結構難しいですね。しかし高く設定しないと努力目標にならない。達成できれば2026年7月で完済ですね。43歳の時。

これなら結構色々組み立てが出来る年齢じゃないでしょうか。ハードルは高いですがなるべく近づけるように頑張っていきたい。

ローンさえ返してしまえば

ローンさえ返してしまえば後はもう瑣末な話なんですよね。他に借金が有るわけでもなし、やりたいことがあるわけでもなし。生活費を稼ぐ必要があるような社会情勢なら適当な仕事をすればいいし、家の不安が無いわけですからそんなにガッツリ働く必要もない。

将来年金が破綻しても社会保障が何もない国にはならないと思いますし、何がしかやりようは有るはず。購入したのはマンションですが、災害の類で住めなくなるようなことが起こるならそれはもう仕方ない。どうにか出来るリスクでは無いですからね。

返済に向けた基本的なアプローチは節約ですかね。いずれにせよおひとりさまなので生きていくだけでそんなに金がかかるわきゃ無いんですよね。とにかく気合です。変に投資とかしている暇があったら繰り上げたほうが効果が高いんですよ、実際。

おわりに

元々さっさと繰り上げて早期リタイアを目指そうとは考えていたものの、やはり真剣味が足りなかった。自分への戒めも込めて記事にしてみました。これからも何かの節目で状況を記事にしてみようかと思います。誰かの参考に・・・はならないかもしれませんけど(*´艸`*)

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする