IT技術者はスキルマッチングを考えて仕事をしよう

この記事をシェアする

私の職業は一応システムエンジニアって言う奴らしいんですけど。業界的にはSIer。もうぼちぼち働き出して10年経とうかというところなんですが、つくづく思うスキルマッチングの大切さ。今日はその辺りの話をしようと思います。

スポンサーリンク
レスポンシブ

専門性は高いことになっているけど参入障壁が低い

この業界人員構成がやたらカオスなんですよね。まずはその辺の話から。

大きめの会社であれば基本的にはフツーの企業よろしく新卒一括採用。文系理系は問わず。SEになりたいだけなら事前準備があんまり要らない。面接で適当に喋れればそれで良いわけでして。キャリア採用ならもちろん話は別ですけど。

大企業の人がみんな優秀かと言えばそうでも無いし(基本的には優秀だと思いますけど)、小さいところになんだかわからないほどよくデキる人が居たりもする。

SIのビジネスは一次請けの会社(主に大企業)がオーナーになっていろんな会社から人を集めてプロジェクトを作るわけですが。まぁそれはそれはカオスですよ。業務委託契約のルールに従って指揮命令権のピラミッドが出来るはずなんですけどね、本当は。

SES契約とか言う魔法の契約方法が有ることも相まって、指揮系統ってなんやねんって感じの組織が出来上がったりもする。逆にガチガチに縦割りで身動きの取れないプロジェクトが出来たりもしますな。

でいて最近見かけたツイートでもこんなのがありました。SEはシステムエンジニアじゃないらしいです。この業界を揶揄されるあるあるですな。

コレも本当だけど本当じゃないんですよね~。無駄に技術に詳しいIT部門のSEもいれば指図が下手でついつい自分で手を動かしてしまうSIerのSEもいるし、偉そうな人やバリバリでしゃばる人も下請け(と言うと語弊がアリますけど)にいます。

まさにカオス(゚Д゚)

あと最近では外国人と仕事をすることも増えてきているでしょうからより一層大変ですよ。

スキルマッチが大事

色んな現場に色んなカオスが有るわけですが、一番大事なのは自分のスキルが役に立つ現場で仕事をすること。この業界はちょっとでも経験してきた技術分野・業務分野(顧客業界)がズレると急激に素人化(役立たず化)が進みます。

同じシステムエンジニアと言う職業でもメインフレームの基盤をやっていた人とオープン系の基盤をやっている人では全然発想が違いますし、アプリケーション屋さんにしても経験の有る言語やお客さんの業界によって同じ日本人とは思えない位会話が通じなかったりします。

なのでそうそう仕事を選べるわけでは無い現実があるとは言え、やったことがあること、もしくはそれに近しい仕事をしていかないと辛いです。全く関係のない仕事をやらされると劇的に心を病みます。割りとマジで。

新人の時にキャリアプランを描いてその通り歩ければいいですけど、大体適当なプロジェクトにアサインされるので狙ったスキルなんて身に付かんのですよね。だから数年経ったら手持ちの武器で勝負していくしかなくなる。

自分に出来ることは何かを把握し、出来ないことは出来ないと言わないと死にます。

少しずつスキルの幅出しをしていくことは可能かもしれませんけどね。いきなり広がったりしないんですよ、スキルなんてのは。

更には最近じゃぁフルスタックエンジニアなんていう超人しか未来に生き残る道は無いんだぜ!なんていう残酷な風潮もあったりしますからね。ちゃんとしたキャリアパスなんて描くことも歩むことも無理ゲー化しつつあるような気がします。

この業界はマジでオススメしないわ(゚Д゚)

最後にどうでもいい個人的な不満

スキルマッチングは大事です。とっても大事です。でも会社ってあんまり考えて人員配置してくれないんですよね。私の職場には私のスキルセット(具体的には言いませんけど)を欲している現場なんて腐るほど有るはずで、そういうところだと私は楽に仕事が出来るんですよ。

なぜ敢えてそこを外してくるのか(゚Д゚)

ま、どっちかというとスキルアップ出来る前向きなアサインと捉えられないこともない話を頂いているのですが、もうスキルアップとか良いから早く仕事辞めたいって気分なので。

みなさまも適当なアサインにはお気をつけ下さい。

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする