早期退職したらやることがなくて退屈になるなどあり得ない

この記事をシェアする

働かない事こそ至高。仕事をしていないと退屈になると言うのはちょっといただけない人格が出来上がってると思ったほうが良いですよ。サラリーマンの仕事は基本的に与えられるものですからね。やることを与えられないと生きていけないなんて哀れな。

スポンサーリンク
レスポンシブ

 貢ぐだけ貢いで捨てられるようなもの

退職したら何していいかわからないなんてモーレツ社員だかなんだかで一生懸命働いてきた世代特有の悩みのような気がしています。定年まで会社に尽くして、自分の人生を貢いで貢いて挙句捨てられたら何も残ってない。

キャバ嬢に貢ぎまくってみたものの金が尽きたら相手にされなくなったみたいな?

なんかそーいう低レベルな話のように聞こえますね。いや、実際低レベルな話なんだと思う。

定年退職だけに限らずリストラなんてのが割りとありふれた単語になりだした頃から良く聞くようになりましたよね。

数十年会社に尽くしてきたのにあっさり切られた。

みたいな話。アホな話ですよねぇ。「会社に尽くす」みたいな発想。そういう働き方というか生き方はツマランでしょう。仕事なんて人生の片手間に仕方なくやらなきゃいけない程度のものであるべきなのに。

今はそういう話あんまり聞かなくなりましたよね。

しかし「会社に尽くす」なんて発想は心から消えたのは良いものの、会社が露骨に人が部品扱いされる様になってより悪い世の中になったのかもしれませんな。

仕事じゃない事こそ勉強しなさいよ

世の中暇つぶし材料に溢れてるでしょう。定額で動画見放題のサービス(Netflixとか)もあるし、本だって電子書籍ですぐ買えてすぐ読める、アホみたいにSNSもたくさんあって人と絡むのも簡単。遊びに行く場所も調べればすぐわかるし色んな媒体でバンバン推してくるでしょう。んじゃなぜ仕事辞めた人が暇になるか。やること探さないからでしょ。

勉強しなさいよ。

仕事に打ち込んでたってことは仕事のために何か知識を付けるのに抵抗はなかったんでしょうから、それなりに勉強もしてたんでしょう。だったら暇を潰す手段も勉強すりゃ良いんですよ。ちょっとググったらアホみたいに暇つぶしの材料が出てくるのにね。もったいない話です。

「何もしない」がしたい、というならそれはもう退屈じゃないしね。

働かないということはそれだけで尊い

仕事はやらされるもの、仕方なくやるものです。ライオンが狩りをするとか、蚊が血を吸うとかと同じくらい仕方なくやるものです。異論は認めない。

労働から開放されるというだけで一つ生物としての格が上がります。

ニート最強伝説。最近は年をとるとSNEPになるんでしたっけ?それこそベーシック・インカムが導入出来たらその国の格が、あるいは人間の生物としての格が上がるのにね。

働かなくなってからやることの方が人生においては大事です。仕事以上に真剣にやりなさいよって話。

おわりに

というわけで仕事なんて下らないことを真面目にやってないで真面目に遊べって話でした。

当たり前の話か(゚Д゚)

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする