会社主催のイベントは本当に要らない

この記事をシェアする

そこそこ歴史や規模のある会社だと節目節目でイベント事をやっていませんか?事業計画キックオフなんかの真面目っぽい奴から運動会系とかあるいは創立記念で何か贈り物が配られたりとか。はっきり言って不要ですよね。

スポンサーリンク
レスポンシブ

下らないことにお金を使うなら給料を払え

どうも勘違いしている経営者が多いですが、社員は会社のお仲間では無いですよね。労働契約に従って労働力を提供するだけのドライな関係です。

モチロン社内の雰囲気が良くなることは悪いことではありませんが、そのために少なくない額の経費がかかっているとなると話は違います。

会社の最大の仕事は社員に給料を払うことですからね。それに勝る使命など存在しないのです。そこを履き違えてはイケない。

子供の頃を思い出してくださいよ。いつの頃からか誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントは現金が良いなぁ~なんて思ったり、もしくはホントに現金をもらっていた人もいるのではないですか?

私はそうでしたよ(*´艸`*)

中学だか高校だかではそうしてもらってました。ぶっちゃけ単一のアイテムで何か強く欲しいものってそんなには無くて、キャッシュの方が小回りがきくし満足度も高かったというわけです。

それと同じで、社員に還元するものを会社が勝手に決めてしまうのは思い上がりも甚だしい。一部の人はイベント事でもはしゃげるのかもしれませんが、そんなに会社に興味の無い社員はまぁいい迷惑ですよ。

参加を強要する同調圧力でもあろうものなら悲惨です。

下らないことを言ってないで余分な金があるなら全部給料に回せって話ですよ。

真面目な話をするためでも人を集めるな

レクリエーション系のイベントでなくても、わざわざ広めの会場を借りきって偉い人が会社の方針を語る場ってあったりしませんか?

アレも本当に無駄ですよね。

伝達事項があるならメールでも社内のWebサイトに書いておくでもなんでも良いじゃないですか。イチイチ大きめの箱を借りる費用も、大勢の社員を拘束してその分の稼働(人件費)を費やすメリットが何か有るんですかね?

そもそも社員は会社の経営方針なんかに興味を持っても意味はありませんし、会社をどういう目で見るべきかといえば「この会社に居続けて大丈夫か?」という1点のみでしょう。

自分に取って不利益な企みを会社がしていないか、勤め続けることでリスクが有る経営状況になっていないか、そういったことなんですよ、興味が有るのは。

そういう大事なことってどうせ語られないでしょ。

嗅ぎ回らなきゃわからないものですよ、そういうキナ臭い話ってのは。従って偉い人がしゃべるだけの社内の行事は本当に時間の無駄。

現金でくれりゃぁ早く辞められるものを

下らないイベントに使う金が有るなら給料に回してくれれば私の住宅ローンも早く返済できるし、貯蓄も出来て速やかに早期リタイア出来そうなもんですけどねぇ。

まぁ私のようにやる気が全く無い輩でなくとも、ちゃんと賃金で還元されればやる気が出る人もたくさんいるでしょうに。

何を勘違いしてイベント事をやりたがるんですかねぇ~日本の会社は。なんとかして欲しいモノです。

おわりに

会社の金の使い方に感じるちょっとした不満って奴を語って見ました。みなさんの勤めている会社ではどんな感じでしょうかね?

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする

おすすめトピック

おすすめトピック