無駄な仕事は人を救う!業務を効率化してはいけない!

この記事をシェアする

皆さんもしかして自分の仕事に何か意味があるとか勘違いしていませんか?そりゃごく一部には本質的に意味のある仕事をしていらっしゃる偉い人もいるのかも知れませんが・・・。世の中の大半の仕事は無駄な仕事です。無駄な仕事で我々は生きているんです、というお話。

スポンサーリンク
レスポンシブ

無駄な仕事は我々を救う

仕事をしていると無駄によくわからない人と関わるなぁ~なんて思いませんか?例えば社内でちょっとしたモノを一つ買うにも何の意味があるんだかわからない決済の承認フローに従ってハンコもらいまくったりしないといけないとか。

自分の会社でそういう煩わしいことがあるのと同じように、お客さんの会社とか一緒に仕事をするビジネスパートナーさんの会社とかでも似たような事やってんな~と思ったりとか。

そういうことに限らず、食べ物や日用品みたいなちょっとした商品でさえ、最終消費者に届くまでには色んな人の手を経て届くものです。その経路にいるいろんな人達がちょっとずつ仕事をして給料をもらっているわけですね。

中には無駄なステップが沢山あったりするわけです。

でもよく考えてみてください。その無駄なステップをわざわざ踏むことで、そこに関係する無駄な仕事が人々が給料をもらえているわけです。

雇用を創出するというのはそういうことなんです。必要のない人を沢山関わらせる。必要のないステップをわざわざ踏む。それが人を救うんです。

なぜなら人は働かなければならないから

働いて賃金を得ないと生きていけない様に世の中は(一応)できています。だから必要のない仕事をわざわざ作らなくてはいけないんです。

頭おかしいですよね。

無駄だとわかっているのに働ける人は漏れ無く働かなければならないとかいう珍妙なルールというか常識というか固定観念があるが故に、わざわざ辛い辛い仕事を捏造して自分たちで苦しむなんて。

この時代錯誤な仕組みがいつまで経っても是正されないせいでこの現状もやむなしということになっているわけですよ。

にも関わらず業務を効率化しようとか言い出す

業務を効率化したら働ける人が減るでしょうが。ダメですよそんなことしたら。仕事はなるべく非効率に、無駄に多くの人を関わらせ、無駄なステップを沢山踏まないと行けないんですよ。

だって働かないと給料もらえないんでしょう?

自分達だけ助かろうとするんじゃないよ。おたくの会社が切った「無駄に関わる人達」に対してどう責任を取るつもりなんだ。まったく。

ふざけるのも大概にしなさいよ(゚Д゚)

そもそも働かなきゃいけないというのが間違ってる

人並みの知識のある皆さんならもうおわかりでしょう。人類皆労働者、なんて時代はさっさと終わりにすべきなんです。生きていくのに働いて稼ぐのが必須なんてもう間違ってる。世の中にそんなに仕事はありませんよもう。

そろそろ辛い思いをしていきるのが当たり前、あまつさえそんな苦行を美徳とするなんて頭のおかしい発想は捨てるべきですよね。

世の中回すのに必要な最低限の仕事を元気のある人でシェアすれば労働なんてほんの僅かで済むはずなのに。

無理やりな仕組みは早晩破綻しますよね。

おわりに

日曜の夜。サザエさん症候群なんて言葉も昔流行ったようですが。明日も無駄な仕事を安い賃金でこなしに行かねばなりません。

全く以て度し難い。

それではまた!

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする