出社しなければしなかった筈の全ての行為は仕事である

この記事をシェアする

毎日会社に行くけれど。一体どこからが仕事なのか?深いテーマです。でもこの意識って結構大事だし、変に会社に奉仕するスタンスが真っ当な社会人だ!みたいな血迷った意識が蔓延している昨今の常識は是正していきたいですよね。

スポンサーリンク
レスポンシブ

本当は通勤時間だって業務扱いして欲しい

だって仕事じゃなきゃ会社行かないでしょう。拘束されているのだから賃金が支払われて当然だと私は思います。確信しています。異論をいう人は空気の読めない野暮な人って奴ですね。

とは言え、8時間勤務だったら4時間かかるところに住めば行って会社にタッチして帰ってくれば1日働いたってことになりますもんね。

アリだけど辛いね、ソレ(゚Д゚)

やっぱり会社に入るところからかな

会社の敷地に入るところからは全社員共通だし仕事とみなして違和感無いでしょう。つまり、始業時間ジャストに会社の門をくぐると。

そこから仕事スタート。オフィスまでのエレベータ、エスカレータ、階段を登る時間、ロッカーに荷物を入れたりする時間、自席まで歩いて行ってPCを立ち上げたりする時間。

これ全て仕事です。

準備作業も労働ですからね。コレは法的に正しい解釈です。

始業時間ジャストから準備万端さぁ仕事を始めましょう!みたいなのが正しいと思ってる輩多いでしょう?

(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ

いや、気づきながらも暴力的な圧力に負けて仕方なく従っている救うべき弱い立場の人も沢山いることでしょう・・・。

まずは多くの人が正しい認識を持つことが必要ですね!

と言うか我々労働者ですからね。全てのルールや常識を労働者の最大限都合の良い解釈をし、都合の良い物に変えていこうと言う志を常に持つべきですよね。

始業時間ジャストに打ち合わせとかすんな

いるでしょう、たまに。始業時間丁度に打ち合わせ始めましょう!って息巻いてる人。

そんな打ち合わせが何を産むのか。

脳は仮死状態、事前に情報をインプットする時間もない。それで何を打ち合わせるんですかね。まぁしゃべる方が元気いっぱいで聞いてる方は右から左に素通りさせていて良いような話なら別にしても良いかな。

でもそれって無駄な話ってことだよね。

じゃあやんないほうが良いか。

やっぱ常識って奴はひとりひとりの意識から

例えば環境に配慮してゴミを分別しよう!とか清掃活動を使用!とか節電にご協力ください!とかいう性善説に期待する活動って個人的には根本的な問題解決にならないと思っている質なんですよね、私。

その手の問題は革命的な技術革新でダメな人がたくさん居てもなんとかなるような仕組みが実現出来ないとどうしようもない、というのが私のスタンスなんですよ。

人はクズな生き物だから。

しかしわざわざ自分たちに辛いルールや常識は間違っている!という草の根運動なら効果があると思うんですよね。働く人の常識として労働のあるべき姿を目指そう!と言うのは労働者の強いWillだと思うわけですよ。

自分たちのために、ならひとりひとりの頑張りに期待しても良いんじゃ無いかと思います。

頑張って行きましょう!

おわりに

ちなみに私の会社では始業時間と終業時間の記録については15分未満の誤差はシステム的に問題なしとされるので、始業は定時過ぎ14分以内に記録、終業は定時14分前ジャストに記録を心がけてゆっくり出社&さっくり退社しています。

適正な労務管理です。

みなさまも適正な労務管理を心がけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ

この記事をシェアする

このブログをフォローする

おすすめトピック

おすすめトピック