仕事観

今まではなるべく目立たないようにして仕事が増えないように、仕事を振られないように、出来ないと思われるように振る舞うことを旨としてやって参りましたが、甘かったことに気づきました。やはり自分がやる必然性のない仕事は迷いなく断っていかなければサラリーマンの心得として不十分であったと。